2013年 8月 19 日(月曜日)
You are here: Home > 浴衣の準備 > 大人浴衣 > 浴衣を着物風に着る(3)夏名古屋(八寸・紗献上)を合わせる

浴衣を着物風に着る(3)夏名古屋(八寸・紗献上)を合わせる

大人っぽく浴衣を着こなすのに、夏名古屋を合わせ着物風にコーディネートすることもできます。
可愛らしさから卒業されたい方はぜひお試しくださいね。

夏の着物と同じように仕上げますので、半衿が必要、足袋も必要。
そして八寸名古屋帯。
浴衣生地にはやはり紗献上が似合いますね。
涼しく爽やかに!
シンプルな帯だけに浴衣を選びませんから、上品なコーディネートに仕上がります。

帯を着け、併せて帯締めと帯揚げも必要になってきますが、紗献上ですと色合わせも難しく感じません。初心者さんにも挑戦しやすい夏名古屋帯「紗献上」です♪

夏名古屋「紗献上」ってどんな帯?

きっと一度はご覧になったことがある帯だと思います。
こちらが「紗献上」。夏の八寸名古屋帯です。

八寸名古屋帯は帯の中に帯芯を入れません。帯はかがるだけで使うことが出来ます。
今は仕立てあがっているものが多い為、すぐに使えるので便利ですね♪

八寸名古屋の夏用は、透け感があり見た目にも涼しく織られています。

単色の紗献上帯、二色使い、多色使いの紗献上帯などいろいろあります。
夏ですので淡いお色が多く、浴衣の色柄を問わず合わせられるので大人コーデに最適です。

糸は正絹、または化学繊維のポリエステルで織られています。
天然繊維の正絹の方がお勧めですが、お手頃価格のポリエステルも魅力的ですね。

今後夏の着物にも合わせたいとお考えの方には正絹をお勧めしますが、浴衣メインであればお値段で選ぶのもアリですね。

ちょっと変わった織り

シンプルだけど、浴衣にも夏着物にも合わせやすい帯です。
色柄で選ぶのは当然ですが、正絹なのか、化学繊維なのかもお忘れなく確認しましょうね。

 
ブログランキングに参加しています。
応援をよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
point024_01 にほんブログ村 point024_01

小春オリジナル帯結びテキスト一覧はこちらからどうぞ

***<注目記事>***

浴衣特集「コーディネートと帯結び」

About koharu

着付師・着付講師の小春です。 素敵な浴衣のお出かけをお楽しみくださいませ。

 
Scroll To Top